何度目かの入院

また、腸閉塞で入院です。忘れた頃にやって来ます。

それなりに経験もあるから、ここまで耐えれば、

あとは、時間が解決するだろうとか

なんとなく、自分のことも理解できてくるものですが、

少し長引き、10/31という、超中途半端なタイミングで救急搬送からの入院生活になってしまいました。

高額医療制度は月毎のため、今回は、

月俣ぎのため、給料が全額医療費にまわります…。

また、生活できない…。

入院に慣れっこというのは非常に馬鹿げていて、

本当に無駄な時間に思います。

土日終日に回復したとしても、主治医が休暇中だと先へ進めないという、自分の体のことは自分がよく知っていても無駄に時間を過ごさなければなりません。

入院することになると、病気にたいしての説明があるのですが、治療にしても、ここに原因があると思いますが、100%ではありませんが、見て確認したいとのこと。そして、仮に意味のないことだったとして、開腹したこで、発生してしまう二次対応のリスクが発生した場合は、患者負担ですという…。

医者の興味に協力してほしいと依頼されつつ、医療費は、医者ではなく、患者負担という、あまりにも理不尽…。

手術失敗による二次災害費用も患者負担だという同意書を書かされてまで、無駄な手術はしたくないよなぁ…。

入院するたびに、新しい発見がなくもない…。

スポンサーリンク
336×280
336×280

フォローする

スポンサーリンク
336×280