ユーチューバーがオモシロイとか面白くないだとか

アラフォーなのですが

20年ほど前

ダウンタウンさんやウッチャンナンチャンさん、とんねるずさん等が

お笑い新世代として日本を席巻していたころ

昭和前半生まれ世代の人たちは

「昔のお笑いの方が品があって面白かった」

といい

ダウンタウンさんやウッチャンナンチャンさん、とんねるずさんで

あまり笑うことがなかったのですが

戦後直後のバラティで大爆笑をします

私たちの世代(昭和後半世代)は、昭和前半世代のお笑い番組を見ても

笑えたのかというと面白くない

という感想が大半に変わります

私個人としては、コント55号など

youtubeで過去動画で見れることはありがたく

楽しませていただいていますが(両親の影響かもしれませんが…)

笑えないことの方が大半のようです

何が面白いのだろうという感想を良く耳にしていました

そして、私たちが

その20年後の世代になったとき

自分たちにも笑いの波は来ていて

20年前のお笑いで

私たちが笑うことがあっても

現代の人たちは面白くないと感じるときが

きてしまいました

ユーチューバーがおもしろくない

という感想は

私達の時代がひとつ終わったことなのかもしれないと

少しさびしくなりました

笑えないということは、

時代に取り残されているのかもしれない…

そう考えると、昭和、平成、令和と続いている

長者番組である笑点ってすごいなって思います

スポンサーリンク
336×280
336×280

フォローする

スポンサーリンク
336×280