緊急搬送されるときも、最低限用意できているとよいもの

入院の内容にもよりますが、どの状況で入院しても共通して、あると便利に感じたものをお伝えいたします。

自宅から病院までが近ければ、カラダが自由に動ける状態に回復したときに一度家に帰ることが容易ですが、救急搬送の場合、家から近い病院に運んでもらえるかは、そのとき、病院が受け入れることができるかどうかの状況によって変わってきます。そのため、あらかじめ、持ち込めると便利なものをまとめました。

防災グッズとは別に用意できているとよいかもしれません。


保険証(社保or国保)を忘れずに持って行こう

当たり前なものですが、持っていると思い込んで、意外と忘れる方が多いのだそうです。救急搬送される状態なので、脳も上手く働いていない状態でもあるので、忘れがちなのだとか・・・。

もし、忘れてしまうと・・・

緊急入院になったときに、誰かに持ってきてもらうことが出来ない場合、外出願いを出して、自分で取りに帰らなければなりません。もしくは、一度、保険適用外の状態(10割負担額)で支払いを済ませることになります。月末での退院でなければ、後日、支払い窓口での対応もできますが、もし、月末退院の場合、支払った後に、過払い分を返してもらうという流れになります。さすがに、10割負担はかなりの額になるので、それは避けたいところです。

普段の保険の支払いは忘れずに・・・

社会保険の場合、自動で給料から引かれているので忘れることはないと思いますが、普段、保険の支払いを滞納している場合、高額医療限度額の上限証明証の交付が受けられません。また、保険支払いが滞り、保険停止状態になっていると、保険が失効し、10割負担になる場合があります。保険料をまとめて支払えば、保険を使用することが出来る状態にはなりますが、高額医療の証明証をもらえない場合があります。月々の保健支払いは忘れないようにしましょう。経済的にどうしても払えない状況の場合は、保険の窓口に相談に向かい、はっきりと説明すれば、支払いが遅れることを認めてもらえます。

お薬手帳を持参しよう

まだもってなければ、入院時に作ることになります。もし、すでにお持ちでしたら、あらかじめすぐに持ち出せるように用意しておくと役立ちます。

既往歴や普段使っているお薬、特別に説明しなくとも、担当医が適切な処方薬をすぐに確認することができます。同じ薬だと治らない、同じ薬の方がよいなど、改善されやすい環境を自分で作ることができます。

また、退院後、欲しいときに欲しい薬や漢方薬を手に入れやすくなります。

他にもメリットが…

お薬手帳を持参して、薬局で処方を受けると、ほんの少しですが割引されます。

クレジットカード、電子マネーカードを用意しよう

社会人になったら、1枚作っておくと便利です。最近の病院では、病院内の売店や食堂でも、クレジットカードや電子マネーで清算ができます。自分が利用できるスペース内にセキュリティボックスが着いているので、貴重品をしまうことができますが、余分に現金を置いておくより、安全で、便利です。

入院時世話をしてくれる人がいて、いくら使うか管理が大変だと言う方は、スイカやパスモ、イコカなどのクレジット機能を付けていない現金チャージタイプの電子マネーを使用するのがよいかと思います。財布もポケットもかさ張らなくて便利です。

入院費用支払い時が特に便利です

退院時、入院費用がいくらになるか分かりません。現金で何万円と払うときに、足りなかった場合、どこかにお金を下ろしにいかなければなりません。病院によって設置されているATMが異るため、持っているキャッシュカードが利用できるかわかりません。クレジットカードがあれば、ATMを探すことなく、支払いができるので便利です。

印鑑を持っていこう

処置をするための同意書や、入院申込書、支払い誓約書など、書類をいくつか書くことになります。その際、印鑑を押す蘭もありますので、100円のものでも良いので、持ち出し専用のものを用意しておくと便利です。

モンダミンなどの口内洗浄液があると便利

うなだれていてあまり身動きが取れない状態で、ハミガキどころではないと思います。点滴があったり、自分の場合鼻から管が入ったので、うがいがやっとくらいの状態でした。そのため、うがいで洗浄できる口内洗浄液が非常に役立ちました。コンパクトタイプもあるので、用意しておくと便利です。

2,3日分の下着とタオルを用意しよう

病院内でも販売されていますが、動けない状態で買い物は大変です。有料で寝巻きのような服の貸し出しはありますが、下着は用意しておいたほうが良いです。病院内にコインランドリーがありますが、下着くらいなら、洗面台に備え付けられているハンドソープで洗えないこともないです。

下着を絞る際、ある程度絞ってから、タオルを巻いて絞ると、より、脱水効果が生まれます。

*カラダ吹きタオルは、お風呂に入れないので、病院で用意してもらえます。

支払い連帯保証人、会社の連絡先が分かるものを用意しよう

携帯電話を常に持ち歩いている方がほとんどなので、電話番号はアドレス帳に登録されていて、連絡先が分からなくなることがないと思います。

ところが、入院申込書には保証人を記載しなければならない蘭があり、そこに住所の記入欄があります。そのため、電話番号だけでなく、住所が分かるようにしておく必要があります。クレジットカードがあれば支払いきれないことはまずないと思いますが、支払いの連帯保証人の記載蘭は必須なようです・・・。会社へは休みの連絡のために、電話番号だけ分かれば大丈夫です。


入院は不安だらけ、でも・・・
モア
必要なものは、上げればきりがないですが、上記以外が必要になるときは、ある程度、動きに自由ができているので、あとで付け足し、買い足していくことが出来ます。

初めての入院は不安だらけで、あれもこれも用意したくなりますが、少ない量で向かっていき、早く退院するんだというモチベーションに変えられたらと思います。


水然
高額医療限度額証明証が用意できていません・・・

水おじさん
退院時、経過を見るために外来の予約を入れます。月をまたがなければ、医療費の支払いは、外来時にまとめて支払うことが出来ます。そのため、外来までに高額医療限度額証明証を用意できれば、支払い限度額を越えた清算にはなりません。なので、もし、限度額証明証を予め用意できていないときは、

  • 社会保険の場合は、入院中に、会社に証明証の発行を依頼します。
  • 国保の場合は、役所に証明証を受け取りに行きます。

支払日までに証明証を用意できれば、支払限度額の上限を越えることなく、支払いを済ますことができます。


「おまけ」お見舞いしてもらえたときに、差し入れてもらってうれしかったのはアミノ酸が補充できる粉末

アミノ酸=たんぱく質です。基礎代謝の高い人にとって病院食は、エネルギーが足りません。私の場合、代謝が高いらしく、点滴と、少ない食事だけではエネルギーが不足したのか、歩くだけでも力が出ないようになりました。

どの症状でも、ある程度症状が改善されると、水、ポカリスエットなど、清涼飲料水を飲むことが許されます。プロテインは、たんぱく質の粉末なので消化があまりよくありません。運動度に補充すると疲れが残りにくいと言われている、アミノ酸が補充できる粉末は、吸収も早く、そして、適度に栄養を補給できます。消化に負担がかからず、吸収が早いので、食べた感覚はないけど、体が満たされたようになりました。栄養を手軽に補給できるアミノ酸粉末は、お勧めです。


アミノバイタル 30本入箱

薬局でも買うことができます。それぞれの薬局で作られたオリジナルの”薬局ブランド”ですと、成分がほとんど同じで、より安価に手に入れることができます。

ブランド品でしたら、ネットショッピングの方がいくらか安く手に入ります。

出来ることなら、病院のベッドに直接届けて欲しいですよね・・・。

スポンサーリンク
336×280