酸素水 果たして効果はあるのか

人は生きていくうえで、酸素が必要です。激しい運動をした後の疲労回復、また傷の修復スピードが上がるなど、感謝できることが多数あります。反対に、酸素が活性酸素になりカラダに悪さをすることもあります。

健康志向が強くなっている昨今、酸素水を飲むよりも水素水や、サルフェート水、炭酸水が健康になれると注目を集めています。酸素水より効果がありそうな水が多く作られているのに、酸素水がなくならないのは、なぜでしょうか?今回はそのなぞに迫りたいと思います。


酸素水はこんな水

酸素水は、字のごとく水の中に酸素を溶解させた水です。酸素は水に溶けにくく、数回深呼吸をしたのと同じくらいの量しか、充填することができていません。なんとなくカラダによさそうだなぁと気休めくらいの水です。実際に、効果がどれくらいあるのか不明な部分が多い水です。

仮に、ヘモグロビンが保有できる酸素量が100%の状態で、さらに水から酸素を供給しようとした場合、余った酸素は、どこへ流れていくのでしょうか・・・。

酸素はここから吸収される

現在、肺からのみ酸素が摂取できるとされています。ので、酸素水を飲んだからといって、体内に酸素量が増えるということは、考えられないようです…。

では、なぜ今でも酸素水が必要とされているのでしょうか?それには、酸素の効果を考える必要がありました。

酸素には、脂肪燃焼効果があったり、運動中のカラダが楽になったり、デトックス効果があるので、それが入った水なのだから、効果があるだろう… という口コミが広がっているからのようです。手軽な酸素バーといったところでしょうか。

結論

蒸留水を飲むことと、効果はあまり変わらないと思われます。ただ、運動前にビタミンをたくさん取ると足が釣らなくなるとか、勝負事の前には、とんかつを食べると必ず勝つことができるジンクスがあるといった具合に、酸素水を飲んでいるのだから、自分は健康になれている、という心理面で好影響を得られるのなら、飲み続けることはカラダによいことだと思います。

効果がまだ分かっていない、”未知の水”なので、良し悪しの付けられない水です。

スポンサーリンク
336×280