ミネラルウォーターってどんな水?


原水から、ミネラル分を含み、飲める状態にしたものがミネラルウォータと呼ばれています

原水とはなんでしょうか?

浄水する前の水、例えば、川の水や、海水など、何も手を加えられていない状態の水を指します。

農林水産省が定めるミネラルウォーター品質ガイドラインによると、ミネラルウォーターに使用できる原水は7種類

1、浅井戸水(あさいどすい)浅い地層から湧き出ている水を貯めている井戸。

井戸の水面までの距離がおよそ8m以内の井戸からポンプ等により採取した地下水を指します。

地表からの影響を受けやすいため、現代は、環境の悪化により、雑菌や不純物が増えているので、飲用として使われることはほぼありません。

2、深井戸水(ふかいどすい)

井戸水面までの距離がおよそ30m以内の井戸からポンプ等により採取した地下水を指します。

岩盤の下を流れる水のため、地表面の影響を受けにくく、浅井戸水よりも水質が安定していてミネラルも豊富です。

3、湧水(ゆうすい)

自噴している地下水で、地下を通って、地表面に流れ出ている水のことを指します。

*自噴:井戸などの人為的な構造物ではなく自然に地表に出る

4、鉱泉水(こうせんすい)

自噴する地下水のうち水温が25℃未満の地下水で、溶存鉱物質(ミネラル成分)等により特徴付けられる地下水を指します

ミネラル成分と炭酸ガスを豊富に含んでいます。

5、温泉水(おんせんすい)

自噴する地下水のうち水温が25℃以上の地下水、又は、温泉法第2条に規定される溶存鉱物質(ミネラル成分)等により特徴付けられる地下水のうち飲用適の水を指します。

*温泉で温泉水を直接飲むとミネラルのとりすぎで、悪影響を及ぼすことがあります。飲用できる状態に調整された販売されている温泉水を飲むようにしたほうがよいです。

6、伏流水(ふくりゅうすい)

上下を不浸透圧等にはさまれた透水層が河川と交わるとき透水層内に生じる流水を指します。

河川の流水には、地上を流れている水と、地下を流れる水の2種類が存在しています。伏流水は、地下を流れる水で、地下水に分類されます。砂利で不純物が自然ろ過された水です。

不純物が少ないため、お酒の仕込み水として利用されることが多いそうです。

*山麓、扇状地で合流した水を指し、下流、中流域は、伏流水に分類されません。

7、鉱水

ポンプ等により取水した地下水のうち溶存鉱物質(ミネラル成分)等により特徴付けられる地下水を指します。

どこかの山で、ある程度ろ過されたキレイなミネラルを含んだ水をポンプで吸い上げて、飲める水にしたミネラルウォーターといたところでしょうか。

種類が豊富なのも納得です・・・


井戸水を探してみたら、1つだけ見つかりました。1本ずつ買えたら興味があったんですが、セットみたいです…。北海道の井戸水だそうです。

長野県ですが、井戸水で作った甘酒は1本から買えるみたいです。

スポンサーリンク
336×280