管理人

31歳成り立てに、原因不明の腸閉塞に見舞われます。

そいつは、何よりも苦しく、そして何よりも痛かったです。骨折も経験しましたが、今までの人生で一番苦しいものでした。

先行きが不安になり、カラダの内側、確認できる箇所すべてをチェックし、異常がないことを知ります。
もともと、腸がねじれやすかったり、つまり易い癖のある人

と、いるようなのですが、その場合、いずれも、
検査時に詰まった箇所が分かるくらいに傷跡が残るらしいのです。
それがまったくなく、胃カメラ検査や大腸検査、いわゆる内視鏡検査を行った人たちよりも
見れる箇所すべてで、いわゆる”普通”な状態でした。

医者もお手上げです・・・。

”再発がないとは言い切れないけど、原因がないので、
大丈夫ではないかと思われる。”

というような回答でした。

そこから、自分で何とかするしかなくなりました。再発しないための要因を、探す日々が始まりました。

腸閉塞は、腸の蠕動運動がなくなること、管がふさがり、流れなくなること
どちらかでしかありません。
口から取り入れたものは、小腸に流れるころには、すべて液状化されているので、
ほんの少しでも隙間があれば、流れが止まることはありません。

大食い選手権に出るような人たちは、大食いな上に早食いです。
消化が間に合うとも思えない量とスピードなのに、
カラダ内部に詰まった、なんてところを見たことも聞いたこともありません。
食べ物を噛まずに丸呑みしても、消化されるのです。

ただし、消化にも例外があります。
それは、消化されないものをそのまま飲み込んでしまったときです。

痴呆症のある人が誤飲するくらいでしか発症例はないそうなのですが、きのこなどの固形食物繊維の塊を噛みもしないでまるまる飲み込んだり、ペットなんかが、スポンジを誤飲してしまい、腸に蓋をしてしまう状態です。
ただ、その場合はレントゲンで映るので、理由は簡単です。
これも自分には、当てはまりませんでした。

ふとテレビをつけると、あるタレントさんが言ってました。
”胃下垂の人の食べすぎは、腸を塞ぐ” と…。
胃の重みで、その下にある腸を塞ぐというのです。
少量だったら、腸が詰まらないのだとしたら、原因の1つと考えられるかもしれません。
やせの大食い。消化が追いつかない早食いは、当てはまる可能性があります。

他にも原因はないか探しました。

”腸内に水がなくても、流れが止まる” という文献がありました。

川に水があれば、葉っぱは勝手に河口へ流れていきますが
川の水が干上がると、風が吹いたり、蟻か何かが運んでくれたりしないと、その場にとどまります。
同じように、人は、口から直腸まで水が流れているイメージです。
水がデトックス効果に期待があるというのは、それがかかわっています。
腸内にある程度水がない状態での食事は、詰まり易い可能性が出てきます。

他にも、

お腹が冷えると、腸の動きが悪くなる という原因があります。

入院時、漢方薬で生姜エキスを飲み、腸内を温めてからご飯を食べるという作業をしておりました。
気休めに近い気もしていたのですが、実際お腹が温かくなるのは感じました。
寒いよりは、動きが活発になっている。・・・気がしました。

それら、今後を考えながら、腸閉塞が発症した日を振り返りました。

いつもどおり、ジョギングをして、家に戻ってきた夜に発症。いつもと同じ食事だったので、
自分なりの原因を探ると、思い浮かぶものは体内の水不足。
腸は、運動することで動きが活発になるといいますし、運動後なので、カラダに足りていないとすれば、思い当たるのは水くらいでした。水不足なら、腸に傷跡も付かないだろうと。

腸関連の本にも、食事の30分前に水を飲むことで、腸内に水の流れができて、胃液を弱めることなく、水の流れを作ることができると書かれていました。

ただ、食べる量も実際多いのかも知れないので、胃腸に負担のかからない食事の仕方と、水分量を増やすこと、それを目的として、水を飲み始めました。

自分の体調にたまたま合っていたのか、水を2ℓ飲むように意識してから、順調に
何事もなく過ごせています。
ときどき炭酸水をのんで、腸に刺激を与えたりしていますが、詰まることなく何でも吸収できています。

それが、いつの間にか水のおいしさを知り、新しい水を見かければ、試して飲んでを
繰り返すようになりました。

今では、健康のため、だけではなく、おいしいかおいしくないか。
どうせなら、本当においしいと感じる水、体調に合う水を探してみようと・・・。

硬水を飲むとお腹の調子が悪いなと思ったり、湧水はおいしいな感じたり、お米のおいしさも水で変わるんだな・・・ など

水生活を楽しんでいます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

フォローする

スポンサーリンク
336×280